前もって納税額予測を


 

 

003

 

 

決算を予測

 

決算での納税額がどれくらいになるのか3ケ月前には

予測しましょう。

3ケ月前といえば、会社の事業年度は通常1年ですので

4分の3経過時の数字をもとに残り3ケ月の数字を検討

してどれくらいの納税額になるのか試算したほうがいい

でしょう。

 

 

なぜ検討するの

 

納税額がおおいと資金繰りの必要があります。また、

黒字幅が多くなりそうなら前もって節税策も考えない

といけないですし、事業年度はじめにたてた計画の

達成ができたのか、できそうなのか、あと3ケ月の

予測するたのしみもこの検討にはあります。

 

 

そのためにも

 

決算前検討会ができるためにも、月次決算は必要です。

消費税が5%から8%になって消費税の納税額だけでも

たいへんな負担です。

消費税は預り金といっても通常は資金繰りの関係でおいて

いるわけではないのです。

消費税以外の税金がいくらになるのかの予測は、消費税

率がこれから上昇していく局面においてはますます重要に

なってきます。

節税も余裕をもってするためにも月次決算をして毎月数字を

把握していきましょう。

 

 

—————————————————-

編集後記

昨日 スイミング 2000m

先日の山登りであしのつめがはがれたので

ランニングができません。今日からできそうな

くらいようやく回復してきました・・・
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)