じかんは有限

 

 

 

IMG_0720

 

 

 

1日24時間

 

いまでは屋内でも屋外でもスマートフォンなどの

通信機器があれば四六時中いわゆる情報なる

ものに接続できる可能性はたかいです。

 

ましてや希望しなくても大きなできごとなどはスマート

フォンにちいさな音でお知らせがはいります。

 

それに応じていままでの新聞やテレビなどの比重は

わたしの場合年々さがっているような気がします。

もちろん新聞を購読していないというので比重が

さがっているんですが。

 

新聞もすみからすみまで読んでいくとけっこうな

時間がかかります。

時間は有限で、1日は24時間しかありません。

新聞で30分や1時間つかうことってどうなんだろう

と感じたので購読は何年かまえにやめました。

ただその反動か雑誌・本などは見たいものがあれば

以前より買うようになっています。

 

また、今年知人が◯◯新聞の社会面の◯◯という

連載ものに◯月◯日に載ったのでと聞いた際に、

◯◯新聞を買いに行こうとして、まてよパソコンから

みれるかなとおもい、◯◯新聞のインターネットページ

の連載をみたらインターネットで見れました。

そのとき「朝刊記載が午前中に載っている時代に

なったんだな」とある意味◯◯新聞の度量のおおきさ

に感動した記憶があります。

 

 

 

しりたくない

 

 

新聞をみたり、テレビをみたりすると「しりたくない」

事件などが目や耳に直接はいってきます。

とくになにかしらの事件で容疑者と推定された者が、

新聞やテレビで報道されるや「容疑者」は社会的に

抹殺されます。

ほんとうに犯人だったらやむを得ないですが、

あとで無実だったとわかってもかっての「職場」は

もうないでしょう。

 

新聞やテレビを極力みないと積極的にそういう事件は

はいってこないのである面ではけっこういいなという

のが実感です。

また、テレビどうしてもみたいときは1.3倍速でみれば

十分おっていけます。おすすめです。

 

 

 

 

——————————————————————
編集後記

金曜日のあさ書き終わりました\(^^)/

ウキウキ感いっぱいです。

——————————————————————-

手形をもらうまえに

 

 

IMG_0742

 

受取手形

 

あなたの会社は売り上げた売上の回収どのように

おこなっていますか。

1ケ月に1回だけの取引だったら商品を渡したときに

現金で回収するとおもいますが、これが1ケ月に何回も

取引が行われるようになると、どうでしょう。

1ケ月まとめて請求しましょうとなって、あなたの会社は

「売掛金台帳」をこしらえてこの売掛金の回収を管理する

ことになります。

通常会社は、この1ケ月の締め日を20日とか、月末日に

設定して請求書を送付します。

そして締め日から何日後に回収かを取引したときにきめます

ので翌月のきめた日に回収します。

 

 

取引が大きくなる

 

この取引の量が大きくなってくると得意先の資金繰りの

影響で、手形で支払いますのでといわれることがあります。

金額が大きくなるとあなたの会社の資金繰りにも影響を

及ぼします。

金額が大きくければ大きいほどあなたの会社の資金繰り

は大変になります。

その回収した受取手形を手元にだいておけるほどあなたの

会社の現金預金があればなんの問題もありません。

がおうおうにして、資金繰りがひっ迫する会社はおおいです。

ですから回収した受取手形をどうするかは3つしかありません。

(ファクタリングは言及しません)

 

1. 手形期日まで会社で保管して現金化する。

2. 銀行に割引してもらって現金化する。

3. 買掛金支払時にこの受取手形で支払う。

 

1は、現金預金があるため資金繰りに問題がありません。

2は、あなたの取引銀行に出向いて割引以来することに

なりますが、あなたの会社の割引枠かあればいいのですが

枠が一杯であれば他行もまわらなければならないでしょう。

3はあなたの会社が締め日で支払う買掛金を支払うさいに

回収した受取手形を裏書きしてあいてに支払うということです。

 

 

 

取引開始時に

 

以上みてきたように、手形で回収するということはあなたの

会社が現金預金の余裕がなければ、資金繰りが大変になる

ということなのです。

もっと大変なのはその手形が不渡りになることですが。

ですからできれば、あなたの会社が相手先と取引最初に

するさいに、取引金額が大きくなることを予想して、手形で

受け取る場合は、取引金額の最大30%とか40%とかきめて

おくのはどうでしょう。

取引開始時に言いにくいのはわかりますが、あなたの会社

の資金繰りに大きな影響を及ぼす問題ですのでできれば

やっておきましょう。

 

 

 

——————————————————————
編集後記

秋の七草であるききょう(だと思うんですが)がいつもの歩道脇に

咲いていました。今日の写真です。

グリーンのなかにくっきりむらさき色が鮮やかです。
——————————————————————-

ドイツねがいのくるま

 

 

 

IMG_0664

 

 

 

ホスピス

 

ガンなどの終末期になると、積極的な治療はせずに

痛みなどの苦痛をやわらげ、おだやかにそのときを

みまもるための施設としてホスピスがあります。

このホスピス、以前わたしの父の件で、はいりたい旨

問い合わせしたところ、面接して審査があるとのこと

でした。

はいるのに審査とおどろいたのがもう12年まえのはなし

です.。

おせわになった淀川キリスト教病院ホスピス病棟はいま

おもいかえしても、みなさんよくしていただきました。

あまりに手厚いほどこしに「意識があるガン」でなくなる

のは、「死」を考えた場合いちばんいいのではないかと

おもったくらいです。

 

 

ドイツ

 

このホスピスを舞台にしたドイツエッセンのホスピス病棟

でのBSドキュメンタリー「ラストドライブ」をみました。

ドイツエッセンで3年まえにはじまった「願いのくるま」。

これは、ホスピスなどの終末期医療で、思い出ふかい

場所にいきたいとのぞんだかたのために、看護師や救急医療に

携わる人、介護する人などが、ボランティアで願いをかなえる

一連のおこないを実行するしくみを「願いのくるま」といって

います。

このドイツエッセンではじまったとりくみは、スタッフ3名

ボランティア80人の構成で現在ドイツ国内10ケ所で運営

されているようです。

願いのくるま全車、救急車を改造したものを寄付による贈与

でまかなっていますとのことでした。

 

 

さいごのおもい

 

番組では、最初の願いのくるま希望者は84才の女性で終末期

ガンでホスピスにはいっているかたで、オランダの海をみたい

のと中華料理の北京ダックをたべたいとのねがいでした。

また最後の願いのくるま希望者はおなじく終末期ガンの50才

の男性でちかくのウンターバッハ湖を彼女とみたいとねがいを

いっていました。

ホスピスにいったんはいるとかなりのかたが車椅子や寝たきり

です.

車椅子になると体力がよわっているため自宅にいったんかえる

のもたいへんですし、ホスピス内のテラス内外で移動するだけ

でもしあわせなかんじになります。

ので、ねがいをかなえてもらったおふたりにとっては表情を

みるかぎりほんとうによかったラストドライブだったとおもいます。

また、はいったレストランによる願いのくるま一同にたいしての

こころつかいをみていてきもちよくなりました。

おふたりとも願いのくるまで外出してから2~3週間でおなくな

りになっています。

日本にもホスピスでこのような選択肢があればいいなとおもって

みたドキュメンタリーでしたし、いつかはだれにでもおとずれる

じかんだからさいごはしあわせなときをかんじてほしいという

ボランティアのかたがたのおもいがつたわる映像でした。

 

 

 

——————————————————————
編集後記

あさ5時半すぎないとあかるくなりません。

日がみじかくなってきました。。。
——————————————————————-

本をAI朗読

 

 

IMG_0677

 

 

本を朗読

 

パソコンなどで「AI朗読」とうてば何冊かの本が

序文などの一部をAIが朗読してくれます。

序文AI朗読で全文朗読してほしいと思えば、代金

しはらえば続きを朗読してくれます。

本によってはちょっとまえはAIで全文読んでいた

ものもありましたが。

 

 

声は

 

こえが機械的というのをいやがらなければ、本を

聞くということでらくでしょう。

またくるまのなかで聞くこともできます。

ただ車のなかできくと、注意が運転にもおよぶため

「あれいまなに言ったのかな」ということがしばしば

おこるのは、テープレコーダーを聞いているのと

おなじです。

 

現在はAI朗読を聞くと機械的、まあ機械なんですが、

無機質的に聞こえます。

最近は、こどものこえとか、関西弁のこえなどナレーション

音声作成ソフトも出だしていますが、まだまだ聞けば機械的

です。

が、これからどんどん人間にちかいこえになっていくんでしょうか。

それとも人間のこえの合成だけはできないのかたのしみです。

 

 

——————————————————————
編集後記

なつのおわりの肉離れあきまでずれこみそうです。
——————————————————————-

倒産防止共済前納もどし減額に

 

 

IMG_0667

 

 

倒産防止共済

 

倒産防止共済(経営セーフティ共済)の支払い方法

として前納があります。

これは毎月の掛け金◯◯円を12回まとめて年払い

として支払うものです。

翌月以降の掛け金を前納した場合に、後日中小企業

基盤整備機構から前納減額金として支払いがあります。

このもどし金がすくなくなるというおはなしです。

 

 

減額率見直し

 

平成29年11月以降に前納した分から減額率が変更

になります。

改正前は掛け金月額✕5/1000✕前納月数の累計

改正後は掛け金月額✕0.9/1000✕前納月数の累計

戻し率がへります。

 

 

計算してみると

 

月額掛け金 200.000円のかたが平成28年12月に

当月12月分掛け金と前納掛け金11ケ月分の合計

240万円を納付したときは

200.000✕5/1000✕66=66.000円 改正前戻り

これが改正後は

200.000✕0.9/1000✕66=11.880円になります。

 

貸付金が増えているための減額かなとおもったんですが、

先回りして書いてありました。

倒産防止共済制度の長期的な安定性確保で、貸付金

不足のためではありませんとのことです。。。

 

——————————————————————
編集後記

金曜日のあさのブログアップしたあとの開放感は

なんともいえません。どれくらいのきもちかはブログ

を開始すればわかります。
——————————————————————-

ブログ365記事目

 

 

 

IMG_0683

 

 

今日で

 

1年365日ですが、今日で365個目のブログです。

平日だけ2016年3月22日から数えて365個目。

 

「よく続いたな」というのが感想です。

 

やまいったときに、あさアップできないときは

よるもしくは次の日にアップしたことはありました。

 

 

平日更新

 

平日だけ続けていてわかりますが、毎日更新はかなり

ハードルはたかいです。

ですから毎日更新されているかたの凄さがわかります。

ふだん感じたことやあたらしいことにトライする姿勢など

いつもアンテナをはってキャッチする感性がとぎすまされる

からかもしれません。

 

 

365個続けて

 

続けてみて365個ふりかえると、かんたんに書けたもの

やまったく筆がすすまなかったものさまざまです。

 

あさ書きはじめますから、昨日おこったことで印象に

残ったものでなにか感じたことは書きます。

つぎにしごとのうえで感じたことをかきしるします。

そして最近読んだ本でなにかしらインパクトがあった本

などがあれば書いています。

 

が、あさ書きはじめてどうしても筆がすすまないとき

がありました。

そのとき「原則あさ書けないときはあきらめる」と決めて

からきもちがらくになったことがあります。

書けないときは書けないとわりきりましょう。

 

ということで、もし平日ブログアップされていないときは、

書けなかった日ということです。

 

——————————————————————
編集後記

つぎの目標は730個目にします。

さあつづくんでしょうか。。。
——————————————————————-

不老超寿にみる未来

 

 

IMG_0659

 

 

検査結果からの選択

 

高城剛さん著「不老超寿」をよみました。

先端医療をうけて、乳がん発病の可能性があると

わかり両乳房の切除をしたアンジェリーナ・ジョリー

さん。

ネットで知っていましたが、さらにその2年後に検査

の結果卵巣卵管摘出したと書かれてありました。

まだ発症していないのに次々と決断していくスピード

におどろきました。

わたしは知らなかったのですが、母親が乳がんで

なくなっていることがこの選択になったのでしょうか。

わたしなら検査結果がでてもこの選択はないですが。

 

予防医学としての検査結果の信頼性がたかまると

このような選択をする方がふえるんでしょう。

 

 

最先端医療検査

 

この本では医療の最先端の検査を紹介しています。

読んでいて最先端はここまできているというのが

よくわかります。

遺伝子のはなしもわかりやすくかいてあります。

また、この最先端医療検査で高城さんに「膵臓がん」の

可能性がわかり、しごとを減らし休息をとって、再検査を

した結果「膵臓がん」発症可能性の数値が下がったことなど

が記載されています。

医療の検査に興味があるかたは読み応えがあるでしょう。

 

 

医療のみらいと人間

 

最後の章は、未来医療はどこにいくのか。

AI人工知能とデバイスの進化によって、現在の予防医学

から予測医学に移っていくのではと書いてあります。

現在の医師のしごとはへって、予測医学ですから患者では

なく個々人のアドバイザーのようなしごとが増えるんでしょう

か。

人体のゲノム解析が完了して、AI人工知能が人類総和の

知能をこえるのが、2045年ころではないかと予測がかいて

あります。

人間は危機に際し進化をとげてきたが、このAI人工知能の出現

という危機に、人間は進化するのではないか。

それが進化した人間 Human3.0 とかいてあります。

 

2045年のせかい、わたしが生きている確率はすくないですが、

たのしく想像して読んだ本です。

 

 

——————————————————————
編集後記

最近床屋さんで、94歳のかたがとなりにいらしてお聞きして

いると、自転車いまでも愛用されていて杖不要とのこと。

はなしもしっかりしておられました。元気な90歳代のかたは

あまりみたことがなかったので新鮮なおどろきでした。
——————————————————————-

GigaFile便はつかえる

 

IMG_0654

 

 

Gmailで送る

 

Gmail最初のころ、無料といってもセキュリティに

問題があるのではとつかうのにちゅうちょしていた

Gmail。

いまではなんのためらいもなくつかっていますが、

Gmailで写真やすこしおおきいサイズのファイルを

メールに添付して送ったとき「このファイルのサイズ

がおおきすぎます」の警告文がでたときはないですか。

結果として送れません。

 

 

GigaFile便

 

こういうときはGigaFile便をつかってみましょう。

無料で75GBものファイルの送信ができます。

GigaFile便のアドレスは、http://gigafile.nu/

使い方も書いてありますが、わかりやすくいいますと、

「ここにファイルをドラッグ&ドロップしてください。
Chromeの場合フォルダごとドラッグすることが可能です。
1ファイル75Gまで、個数無制限
GigaFile便 V5」

の箇所に、あなたが送りたいファイルなどをドラッグ&ドロップ

するだけで、アップロードが始まります。

このアップロードされたURLをMailで相手に知らせれば

いいだけです。

パスワード設定もできますので設定すれば安心度はまします。

 

ドラッグ&ドロップがわからないという方には

1. 送りたいファイルなどをまずデスクトップなどに貼り付ける

2. ファイルを選択でデスクトップを選んで、貼り付けたファイルを

選んでアップロードする

3. 必要であればパスワード設定

4. このアップロードされたURL等を相手に知らせる

 

このGigaFile便 保存期間があります。

7日か14日どちらか選択できますので選択してためして

みてはどうでしょう。

 

ただ知らない相手からのファイルはむやみにひらけないように

しましょう。

 

 

 

——————————————————————
編集後記

肉離れのように、思うようにからだをうごかせなくなれば、

なにごともなくうごかせることのしあわせかんじます。。。
——————————————————————-

ことしも肉離れ。

 

 

 

IMG_0676

 

 

またふくらはぎ

 

先週土曜日9月9日に昨年に続き肉離れです。

昨年とおなじふくらはぎですが、今回は右足です。

昨年はランニング中でしたが、今回はジョギング

中でもなく、階段の途中であしを固定してふりかえった

ところなにか右足ふくらはぎに違和感をかんじたら

「肉離れ」やってしまったようです。

 

昨年のようにひどくならないように整形外科にすぐに

いってきました。

が、こんなちょっとしたことでの肉離れは考えこんで

しまいます。

もしもやまでなったらこまるなということがすぐに。

またこんなちょっとのことでなるのかという衝撃。

医師からの歳をかさねるにつれ年々治りはおそくなる

とのひとこと。

 

11月の福知山マラソン参加できるのか赤信号が点滅しだし

ました。

 

やまではからだのの向きはねじらないで「正対」を意識

していますが、ふだんでも「正対」を意識のうえにのせる

ということですね。

 

 

 

 

——————————————————————
編集後記

1日三回患部を冷やしてストレッチしていますが

「肉離れ」完治は時間がかかります。

当分の間ジョギングはむりですね。。。
——————————————————————-

セルフレジにみる未来

 

 

IMG_0665

 

 

スーパー

 

昨年近くのスーパーマーケットが買い物した際の

集計機械であるキャッシュレジスター (通常名レジ)

をあらたに設置しました。

あらたに設置したのは「セルフレジ」です。

セルフレジは消費者がみずから買い物した商品のバーコード

をセンサーにかざして集計し、現金などで決済します。

現金などと言ったのは、このスーパーのカード、現金を

スーパーのカードにチャージもできるので、スーパーの

カードに現金残高があればセルフレジにとおして精算します。

もちろん現金決済もできます。

このセルフレジ、5台まとめておいてあって、なにか不明なこと

やトラブルが発生したときにそなえて従業員さんが1人常時

セルフレジ5台をみれるところにいます。

最初は手慣れていない分時間がかかっていましたが、

いまではセルフレジスムーズになっています。

あと3年もすればこのスーパーマーケット、セルフレジだらけに

なりそうな雰囲気です。

 

このようにスーパーマーケットレジ係りの人は減少していきます。

小さなスーパーではこのようなセルフレジはまだまだですが、

多くのスーパーでいれるようになると、セルフレジの機械の

販売価格もさがって普及していくスピードははやまるでしょう。

 

 

銀行も

 

近くの銀行もATMの機械のまえにはけっこうな人がならんで

います。

それにくらべて窓口はほんとうにすいています。

窓口よりもATMにならんだほうがはやいためでもありますが。

 

機械化にともなって人があまるという事態と社会の進歩に

よってあたらしいしごとが増えるバランスはどうなるのか

このさき10年がたのしみです。

 

30年さきは、ドローンが大型化して人間が空を飛んで

いる時代がくるかもしれません。

 

 

——————————————————————
編集後記

けさ ジョギング 21分

かぜがきもちよくそよぎなつのおわりをかんじます。
——————————————————————-