月別アーカイブ: 2017年9月

人間ドッグのおしらせ

 

 

IMG_0023

 

 

おしらせ

 

昨日天王寺区の医療機関から人間ドッグのおすすめ

がポストにはいっていました。

医療機関の人間ドッグの詳細とポステイングした人の

名刺がいれてありました。

 

 

人間ドッグ

 

「人間ドッグ」に最後にいったのはかれこれ10年前に

なります。

なぜこれほどの期間が空いたかというと、人間ドッグ

のさいに「バリウム」をのんで検査するのがありますが

あの「バリウム」検査で2週間から3週間身体の調子が

わるくなるためなんです。

 

 

費用対効果

 

友人と3週間まえにちょうど「人間ドッグ」のはなしが

でたので「バリウム」の件を言ったら、いまは「バリウム」

飲まなくてもいいようになっているとおしえてもらいました。

 

健康維持のために「バリウム」飲むというのが、人間ドッグ

うけるかどうかのたかい壁になっていたので思案中です。

 

それよりもこの医療機関の地道な行動の費用対効果が

どのような数字 (人間ドッグ獲得率) になっているのか

そちらのほうが興味深くかんじた昨日のおしらせでした。

 

 

——————————————————————
編集後記

スイム 350m 冷たいなと思う水温がすきなんですが

昨日は高めでした。  けさ金曜日は秋らしい気温です。
——————————————————————-

Faxつかっていますか

 

 

IMG_0256

 

 

 

FAX

 

伝達手段として最初に登場したのは電話でした。

つぎにFaxがでてきて書いたものがそのままFax機

からでてくるという当時としては画期的なものが開発

されました。

しかしパソコンやスマートフォンからメールで文書を

送信でき、またその文書を添付して結構な枚数を

送れるということができるようになりました。

 

 

efax

 

何年かまえに、Fax送られてくるのは「営業」の文書類が

おおいなとかんじたためFaxの電話回線を解約してefax

にしました。

このefaxにしますと、通常紙ででてくるfaxがメールで

お知らせがくるため、いらないものはメールごと削除が

できます。

また通常のFaxのようにFax音がきこえないのもいいです。

 

 

faxは必要か

 

いまではefaxもいらないのではないかとおもっています。

efaxも解約しようとおもっているのですが、たまにお客様

が送ってこられます。

faxの数字はよみにくいです。

また税理士会の連絡、faxかメールで返信してくださいと

書いてあった場合はメールで返せばいいんですがまれに

faxで返信してくださいと書いてある場合は、メールで送って

いるのに返信は「fax」ってどういうことなんだろうとおもって

しまいます。

通信手段にかかわらずあたらしいとりくみ年齢をかさねても

やっていきたいものです。

 

 

 

——————————————————————
編集後記

あめの日のあさはなぜかしらいつもより熟睡できるのは

わたしだけなんでしょうか。ということで大幅に寝坊です。
——————————————————————-

Excel使用なら新たなサービス開始

 

 

 

IMG_0231

 

 

お客様

 

ホームページにうたっていますように、お客様が会計ソフト

に入力していただくのを基本にしています。

ですからお客様に会計ソフトを購入していただき、会計ソフト

の使い方をお教えしていました。

 

 

今回

 

お客様がExcelで管理しているかたがおおいです。

そのため、今回Excelで現金出納帳を作成したり売掛金・買掛金台帳

もExcelで管理されているかたは会計ソフト購入していただかなくて

もいいサービスを開始します。

お客様のExcelデータを当事務所で会計ソフトにいれます。

ただ銀行データをCSV形式でいただく必要がありますから

ネットバンクはしていただきたいですが。

エクセルで管理しているかたで、毎年の会計ソフトアップデート

はちょっとというかたはお問い合わせください。

 

 

ネットバンク

 

ただネットバンク、フリーランスのように個人事業主なら

料金は発生しないのですが、法人は発生します。

またネットバンクどうしてもセキュリティが不安だという

かたがいらっしゃいます。

わたしが使ってみてパソコンで振り込みができるという

のは時間の節約になって「とってもいい」んですが・・・

 

 

——————————————————————
編集後記

Gmailも最初はセキュリティはどうかなどいろんなことが

いわれていましたが、べんりさのまえに多くのかたが使用

しています。
——————————————————————-

自分で確定申告するための第一歩

 

 

IMG_0238

 

 

 

もうすぐ10月

 

昨日国税庁のホームページにサラリーマンなどのかたの

「平成29年度の年末調整のしかた」がアップされました。

秋のおとずれをかんじているのにもうすぐ年末だよといわれた

ようなかんじです。

会社などで年末調整やってもらえるかたは税務署で申告

するということは、初年度に住宅ローン控除適用申請か

医療費控除などをのぞいて基本ありません。

が、フリーランスのかたは税務署に確定申告する必要が

あります。

フリーランスのかたでしたら、12月末が決算日です。

あと3ケ月すこしで締め日をむかえます。

どんな職種であれ、売上た金額や仕入れや外注が発生

する場合はその金額も把握されているかたはおおい

です。

その把握のしかたは、エクセルで管理しているかたや

そうでなければノート類に書いていることでしょう。

 

 

経費は

 

しかし事業に関連している、いわゆる経費は把握して

いますか。

毎月どれくらいの経費がかかっているのかはつかんで

おきましょう。

そのためにも領収書などは月別にしてみましょう。

まちがっても、ひとつの袋にのべつくまなくいれるという

ことはやめましょう。

整理しようという気がなくなるからです。

 

 

領収書をわける

 

また、領収書のなかで、事業に関係あるものとないものは

最初からわけておきましょう。

時間が経つと事業に関係した飲食だったのか、家族で飲食

したものかなかなか区別がつかなくなります。

また、事業に関係ある領収書は◯◯さんと飲食などと書いて

おくとわかりやすいです。

自分で確定申告するための第一歩です。

 

 

 

 

——————————————————————
編集後記

スイム 150m

まだまだジョギングできませんが、ゆっくりうごかしていきます。
——————————————————————-

お墓でかんじたこと

 

 

IMG_0695

 

 

白水峡

 

最近のお墓について。

お墓参りに白水峡へいってきました。

白水峡公園墓地は西宮市の最北部にあり神戸市北区の

有馬温泉にちかいです。

この霊園は西宮市営です。

 

 

昨年

 

となりの区画約300から350ほどはある墓地ですが、

昨年募集がおこなわれ、抽選でわりあて獲得したかた

のお墓が昨年から今年にかけて次々と建ちはじめ

ちょうど行くとき帰るときに見えるものですからながめて

いますと、もちろんいままでのような「◯◯家の墓」の

たてにながい墓石もありますが、横置きの墓石が

けっこう目立つんです。

横置きといえば、キリスト教のかたの墓石が多かった

んですが、昨年から今年にかけてあたらしく建立した

お墓は横置きでモダンということばはふるいかも

しれないですが、「モダン」です。

 

この横置きのお墓は石屋さんの提案のなかにはいって

いるんでしょうか。

その人がたぶん好きだったであろう言葉やいままで

生きてきたなかで本人もしくは家族が墓石に書きたかった

言葉や詩がならんでいます。

 

 

どんなことば

 

おおきく墓石一面に「愛」や「道」「幸」など書いてあるもの。

また、「感謝」や「ありがとう」や絵とともに「ありがとありがと」

などいままでにない多彩な墓石があります。

◯◯家の刻印はほんとうに小さく書かれてあります。

おもわずその区画にはいって横置きの墓石、なにが

書いてあるのかみてまわりました。

ふつうのお墓は印象にのこらないですが、このお墓は

インパクトが強いです。

このようなお墓ばかりになるともうインパクトはないんでしょう

が現時点ではめだちます。

お墓もデザインだけでこんなに印象がかわるし、「◯◯家」

よりも「残したいことば」を書いたお墓がすてきにみえた

一日でした。

 

 

——————————————————————
編集後記

お彼岸のせいか墓地は人はおおかったです。

みちばたに咲いていた1本のはなでもりあがっていた

おやこが印象的でした。
——————————————————————-

じかんは有限

 

 

 

IMG_0720

 

 

 

1日24時間

 

いまでは屋内でも屋外でもスマートフォンなどの

通信機器があれば四六時中いわゆる情報なる

ものに接続できる可能性はたかいです。

 

ましてや希望しなくても大きなできごとなどはスマート

フォンにちいさな音でお知らせがはいります。

 

それに応じていままでの新聞やテレビなどの比重は

わたしの場合年々さがっているような気がします。

もちろん新聞を購読していないというので比重が

さがっているんですが。

 

新聞もすみからすみまで読んでいくとけっこうな

時間がかかります。

時間は有限で、1日は24時間しかありません。

新聞で30分や1時間つかうことってどうなんだろう

と感じたので購読は何年かまえにやめました。

ただその反動か雑誌・本などは見たいものがあれば

以前より買うようになっています。

 

また、今年知人が◯◯新聞の社会面の◯◯という

連載ものに◯月◯日に載ったのでと聞いた際に、

◯◯新聞を買いに行こうとして、まてよパソコンから

みれるかなとおもい、◯◯新聞のインターネットページ

の連載をみたらインターネットで見れました。

そのとき「朝刊記載が午前中に載っている時代に

なったんだな」とある意味◯◯新聞の度量のおおきさ

に感動した記憶があります。

 

 

 

しりたくない

 

 

新聞をみたり、テレビをみたりすると「しりたくない」

事件などが目や耳に直接はいってきます。

とくになにかしらの事件で容疑者と推定された者が、

新聞やテレビで報道されるや「容疑者」は社会的に

抹殺されます。

ほんとうに犯人だったらやむを得ないですが、

あとで無実だったとわかってもかっての「職場」は

もうないでしょう。

 

新聞やテレビを極力みないと積極的にそういう事件は

はいってこないのである面ではけっこういいなという

のが実感です。

また、テレビどうしてもみたいときは1.3倍速でみれば

十分おっていけます。おすすめです。

 

 

 

 

——————————————————————
編集後記

金曜日のあさ書き終わりました。

ウキウキ感いっぱいです。

——————————————————————-

手形をもらうまえに

 

 

IMG_0742

 

受取手形

 

あなたの会社は売り上げた売上の回収どのように

おこなっていますか。

1ケ月に1回だけの取引だったら商品を渡したときに

現金で回収するとおもいますが、これが1ケ月に何回も

取引が行われるようになると、どうでしょう。

1ケ月まとめて請求しましょうとなって、あなたの会社は

「売掛金台帳」をこしらえてこの売掛金の回収を管理する

ことになります。

通常会社は、この1ケ月の締め日を20日とか、月末日に

設定して請求書を送付します。

そして締め日から何日後に回収かを取引したときにきめます

ので翌月のきめた日に回収します。

 

 

取引が大きくなる

 

この取引の量が大きくなってくると得意先の資金繰りの

影響で、手形で支払いますのでといわれることがあります。

金額が大きくなるとあなたの会社の資金繰りにも影響を

及ぼします。

金額が大きくければ大きいほどあなたの会社の資金繰り

は大変になります。

その回収した受取手形を手元にだいておけるほどあなたの

会社の現金預金があればなんの問題もありません。

がおうおうにして、資金繰りがひっ迫する会社はおおいです。

ですから回収した受取手形をどうするかは3つしかありません。

(ファクタリングは言及しません)

 

1. 手形期日まで会社で保管して現金化する。

2. 銀行に割引してもらって現金化する。

3. 買掛金支払時にこの受取手形で支払う。

 

1は、現金預金があるため資金繰りに問題がありません。

2は、あなたの取引銀行に出向いて割引以来することに

なりますが、あなたの会社の割引枠かあればいいのですが

枠が一杯であれば他行もまわらなければならないでしょう。

3はあなたの会社が締め日で支払う買掛金を支払うさいに

回収した受取手形を裏書きしてあいてに支払うということです。

 

 

 

取引開始時に

 

以上みてきたように、手形で回収するということはあなたの

会社が現金預金の余裕がなければ、資金繰りが大変になる

ということなのです。

もっと大変なのはその手形が不渡りになることですが。

ですからできれば、あなたの会社が相手先と取引最初に

するさいに、取引金額が大きくなることを予想して、手形で

受け取る場合は、取引金額の最大30%とか40%とかきめて

おくのはどうでしょう。

取引開始時に言いにくいのはわかりますが、あなたの会社

の資金繰りに大きな影響を及ぼす問題ですのでできれば

やっておきましょう。

 

 

 

——————————————————————
編集後記

秋の七草であるききょう(だと思うんですが)がいつもの歩道脇に

咲いていました。今日の写真です。

グリーンのなかにくっきりむらさき色が鮮やかです。
——————————————————————-

ドイツねがいのくるま

 

 

 

IMG_0664

 

 

 

ホスピス

 

ガンなどの終末期になると、積極的な治療はせずに

痛みなどの苦痛をやわらげ、おだやかにそのときを

みまもるための施設としてホスピスがあります。

このホスピス、以前わたしの父の件で、はいりたい旨

問い合わせしたところ、面接して審査があるとのこと

でした。

はいるのに審査とおどろいたのがもう12年まえのはなし

です.。

おせわになった淀川キリスト教病院ホスピス病棟はいま

おもいかえしても、みなさんよくしていただきました。

あまりに手厚いほどこしに「意識があるガン」でなくなる

のは、「死」を考えた場合いちばんいいのではないかと

おもったくらいです。

 

 

ドイツ

 

このホスピスを舞台にしたドイツエッセンのホスピス病棟

でのBSドキュメンタリー「ラストドライブ」をみました。

ドイツエッセンで3年まえにはじまった「願いのくるま」。

これは、ホスピスなどの終末期医療で、思い出ふかい

場所にいきたいとのぞんだかたのために、看護師や救急医療に

携わる人、介護する人などが、ボランティアで願いをかなえる

一連のおこないを実行するしくみを「願いのくるま」といって

います。

このドイツエッセンではじまったとりくみは、スタッフ3名

ボランティア80人の構成で現在ドイツ国内10ケ所で運営

されているようです。

願いのくるま全車、救急車を改造したものを寄付による贈与

でまかなっていますとのことでした。

 

 

さいごのおもい

 

番組では、最初の願いのくるま希望者は84才の女性で終末期

ガンでホスピスにはいっているかたで、オランダの海をみたい

のと中華料理の北京ダックをたべたいとのねがいでした。

また最後の願いのくるま希望者はおなじく終末期ガンの50才

の男性でちかくのウンターバッハ湖を彼女とみたいとねがいを

いっていました。

ホスピスにいったんはいるとかなりのかたが車椅子や寝たきり

です.

車椅子になると体力がよわっているため自宅にいったんかえる

のもたいへんですし、ホスピス内のテラス内外で移動するだけ

でもしあわせなかんじになります。

ので、ねがいをかなえてもらったおふたりにとっては表情を

みるかぎりほんとうによかったラストドライブだったとおもいます。

また、はいったレストランによる願いのくるま一同にたいしての

こころつかいをみていてきもちよくなりました。

おふたりとも願いのくるまで外出してから2~3週間でおなくな

りになっています。

日本にもホスピスでこのような選択肢があればいいなとおもって

みたドキュメンタリーでしたし、いつかはだれにでもおとずれる

じかんだからさいごはしあわせなときをかんじてほしいという

ボランティアのかたがたのおもいがつたわる映像でした。

 

 

 

——————————————————————
編集後記

あさ5時半すぎないとあかるくなりません。

日がみじかくなってきました。。。
——————————————————————-

本をAI朗読

 

 

IMG_0677

 

 

本を朗読

 

パソコンなどで「AI朗読」とうてば何冊かの本が

序文などの一部をAIが朗読してくれます。

序文AI朗読で全文朗読してほしいと思えば、代金

しはらえば続きを朗読してくれます。

本によってはちょっとまえはAIで全文読んでいた

ものもありましたが。

 

 

声は

 

こえが機械的というのをいやがらなければ、本を

聞くということでらくでしょう。

またくるまのなかで聞くこともできます。

ただ車のなかできくと、注意が運転にもおよぶため

「あれいまなに言ったのかな」ということがしばしば

おこるのは、テープレコーダーを聞いているのと

おなじです。

 

現在はAI朗読を聞くと機械的、まあ機械なんですが、

無機質的に聞こえます。

最近は、こどものこえとか、関西弁のこえなどナレーション

音声作成ソフトも出だしていますが、まだまだ聞けば機械的

です。

が、これからどんどん人間にちかいこえになっていくんでしょうか。

それとも人間のこえの合成だけはできないのかたのしみです。

 

 

——————————————————————
編集後記

なつのおわりの肉離れあきまでずれこみそうです。
——————————————————————-

倒産防止共済前納もどし減額に

 

 

IMG_0667

 

 

倒産防止共済

 

倒産防止共済(経営セーフティ共済)の支払い方法

として前納があります。

これは毎月の掛け金◯◯円を12回まとめて年払い

として支払うものです。

翌月以降の掛け金を前納した場合に、後日中小企業

基盤整備機構から前納減額金として支払いがあります。

このもどし金がすくなくなるというおはなしです。

 

 

減額率見直し

 

平成29年11月以降に前納した分から減額率が変更

になります。

改正前は掛け金月額✕5/1000✕前納月数の累計

改正後は掛け金月額✕0.9/1000✕前納月数の累計

戻し率がへります。

 

 

計算してみると

 

月額掛け金 200.000円のかたが平成28年12月に

当月12月分掛け金と前納掛け金11ケ月分の合計

240万円を納付したときは

200.000✕5/1000✕66=66.000円 改正前戻り

これが改正後は

200.000✕0.9/1000✕66=11.880円になります。

 

貸付金が増えているための減額かなとおもったんですが、

先回りして書いてありました。

倒産防止共済制度の長期的な安定性確保で、貸付金

不足のためではありませんとのことです。。。

 

——————————————————————
編集後記

金曜日のあさのブログアップしたあとの開放感は

なんともいえません。どれくらいのきもちかはブログ

を開始すればわかります。
——————————————————————-