経営計画はほんとうに会社を変えれるのか?


過去の数字

会計は、会社が設立されてから、資金調達をして資産等に投資し、

その資産を回転させることによって、利益または損失をもたらした結果を

毎期毎期記録するものです。

貸借対照表(バランスシート)は、今までの社長の決定の結果が

表されています。

資金調達欄には、社長の借入金もしくは銀行の借入金が、

資産欄には資金調達して購入したものが記載されています。

税理士になってお客様の会社の数字を見て利益が大幅になりそうなときは

節税を、また赤字が続くようであれば、こうすればということを言いましたが

すべて過去の数字を見て応対していました。

お客様自身も私が言う前にある程度の数字はわかっていますので、

あまり関心がないのです。もう終わっている過去の数字だからです。

 

計画の重要性

私が会社(会計の会社ではありません)を経営していた時、売上はこれくらい

ほしいなとは思っていましたが、従業員にその数字を言ったことは

ありませんでした。

昨年から古田土会計の古田土所長や飯島さん(現在常務)に

経営計画を教えていただき実践し始めています。

その中で、単年度利益計画をたてるだけで、ほんとうに利益が

伸び始めている会社があります。

ただ、どうしても計画はたてるのはいやだという社長もいますので、

計画をたてていただいた会社は計画を達成もしくはかなりいい

数字を叩き出しているのです。

お客様にすすめてその結果がでていることから計画をたてることの重要性を

再認識しています。

 

利益計画からのおすすめ

会社を経営していて、こうしたいああしたいということはあると思います。

そのしたいことを実際に書いて、そのことができる数字を設定しましょう。

経営計画には、会社が将来どうなりたいかの未来像を書き、それを達成するために

なにをすべきかを決めます。

未来像や理念、ビジョンというお話をするとしりごみされる方もおられますが、

まずは今期中途から利益計画をはじめてみませんか!

これだけの利益というのではなく、獲得したい数字を紙に書くのがベストです。

 

 

—————————————————-

編集後記

昨日の運動はランニング5Kmとバタフライ練習。

昨年から花粉症に効くという小青竜湯という漢方市販薬を

紹介され、そのおかげで2年連続花粉症収まっています。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)