自動車保険対物につけておくもの

Pocket

HPはこちら

 

 

 

IMG_0649

 

 

 

自動車保険

 

くるまをお使いでしたら自動車保険ははいっている

ことでしょう。

この自動車保険は、車両保険や対人保険、対物保険

搭乗者傷害や人身傷害保険などで構成されています。

 

 

対物無制限

 

このうち対物保険は相手の車や車以外のものを壊した

ときに保険がおりるもので「無制限」と書いてあれば

なんでも保険がおりると勘違いしそうなひびきがあります。

 

しかしあなたの「対物」保険から相手の車に支払われるのは、

あなたの過失割合だけです。

 

たとえば走行中にあなたの車と相手の車が接触事故を

おこして、過失割合はあなたが6割の過失、相手は4割の

過失だったとします。

相手の車の損害は100万円だとします。

あなたの「対物」保険から支払われるのは相手の車の損害額

100万円のうち、あなたの過失割合6割の60万円です。

相手の車の損害額100万円のうち、のこりの40万円は相手が

加入している相手の車両保険から支払われます。

相手が車両保険はいっていないときは、相手は4割部分自腹

ということになります。

 

 

過失割合

 

ではあなたの過失割合100%のばあいを考えてみましょう。

自動車事故は、信号などで完全に停止している他の

車にあなたが追突した場合は、あなたの過失割合は

100%ですべてあなたの責任です。

ですから停止していた相手の車はあなたの対物保険

から修理費用が支払われます。

 

あなたは対物無制限だから全額あなたが加入している

対物保険から修理費用が支払われると思っています。

が、そうでない場合があるんです。

どんな場合でしょう。

 

 

 

対物超過修理費用

 

対物保険は基本「車の時価」相当額しかでません。

ですから相手の車が「古い車」の場合、修理代>車の時価

のとき、全額車の修理代が対物保険から支払われないという

ことがおこりえます。

たとえば相手の車の修理代が50万円で、その車の時価が30万円。

通常の「対物」保険でしたら時価の30万円しか支払われない。

こういう場合「対物超過修理費用保険」を対物保険につけておけば

修理代の50万円は支払われます。

 

そのため対物保険は1000万円はいろうか、2000万円はいろう

か、それとも無制限にしようかとかのまえに、「対物超過修理費

用保険」を対物保険につけておきましょう。

 

 

そうすれば、修理代>車の時価になっても相手の車の修理代は

支払われます。

 

——————————————————————
編集後記

昨日 セミナー仲間と2ケ月半ぶりに集合しました。

たった2ケ月半ぶりでしたがたのしいひとときでした。
——————————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117