淀川川上り

Pocket

HPはこちら

 

 

IMG_0746

 

 

大阪天満橋から

 

琵琶湖から、大阪湾に流れる川の名前は最初は瀬田川、

そして宇治川と名前をかえ最後は淀川となって大阪湾に

流れ出ます。

この淀川の川上りを昨日たのしんできました。

大阪天満橋八軒家浜から枚方大橋さきの船着場までです。

 

IMG_0756

 

視点

 

いつもはくるまや電車で行動している町並みが、川の視点

から見てみると斬新なかんじがします。

どんなかんじかというと、たとえば源八橋がみえてくると

いつもはくるまや電車なのでその界わいをくるまやあるきで

みている視点とはちがう川からの視点になるので、自分で

いつもの視点を考えて、そして川からの視点を重ね合わせる

のが頭の体操にもなっておもしろいです。

 

 

毛馬の閘門

 

淀川と大川の水位がちがうために調整としてまた、船の

スムーズな航行のために毛馬に水門がもうけられています。

これがいわゆる毛馬の閘門(けまのこうもん)です。

下図がそうです。

 

IMG_0770

 

はいったところ

IMG_0771

 

下図の色が濃くなった部分まで水位があがり

大川から淀川へ

IMG_0773

 

そして橋をなんどもくぐっていきます。

 

IMG_0783

 

 

IMG_0788

 

 

IMG_0791

 

浄水場

 

川上りしていて、ところどころに取水口があってそのさきに

浄水場があり各地域の水源になっているのがよくわかる

川上りでした。

天気はあめがぱらついていて、水上からの山並みがみえな

かったのがすこし残念でしたが、リフレッシュできた半日に

まんぞくです。

 

 

IMG_0822

 

枚方

 

今回の終着である枚方は、大阪京都間の中間として江戸時代に

人馬を継ぎ立てる場所としての宿場「枚方宿」としてにぎわい、

また、淀川における船の中継港として水陸交通の要所だったと

認識をあらたにしました。

 

 

——————————————————————
編集後記

昨日の雨はあがって空気がうまいあさいちばんです。
——————————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117