摘要欄空白では

Pocket

HPはこちら

 

DSC02026

 

 

総勘定元帳

 

あなたの会社に税務調査の通知があった場合、調査が

おこなわれるのは、一般的に直近の事業年度3期分です。

このとき、調査されるメインの帳簿に「総勘定元帳」が

あります。

 

この総勘定元帳は、あなたの会社が日々取引などを記載

したものをまとめあげたものです。

 

一度総勘定元帳をひらいてみましょう。

 

摘要欄

 

たとえば、現金勘定に、交際費◯◯円と記載した同じ

行に「適用」と書かれている欄があります。

この適用欄、あなたの会社空白ではないですか?

 

交際費◯◯円と書いてあるので「交際費」につかった

ものだ。と思って摘要欄空白ではないですか。

 

摘要欄空白で金額が大きいなら、調査する側としては

なんだろうと領収書を見たくなりますし、これはなんですか

と聞きたくなります。

 

摘要欄に、お店の名前や事業関係者の名前が記載

されていれば、2、3箇所領収書などと照らし合わせ、

合っていれば、総勘定元帳見ていくほうが効率がいい

ですから、摘要欄はなるべくわかりやすく書いていき

ましょう。

 

摘要欄は口で10というよりも文章で10と表現する場です

ので、効果的にお使いください。

 

 

——————————————————————
編集後記

耳鼻咽喉科で耳の掃除を4年ぶりにしてもらいました。

おもっていたより「耳垢」溜まっていましたが、して

いただいて、聞こえが格段に良くなったというのがない

ので、4年ぶりなんでしょうね。。。
——————————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117