出張手当の精算どうする


 

 

 

DSC01728

 

 

あなたの会社

 

しごとで遠方へ出張するということが会社で発生した場合

どのように精算したらいいんでしょう。

よく見かけるのが、かかった費用を精算する実額精算です。

が、法人の場合は、「旅費規定」を作成していれば、出張時

の宿泊費や出張日当は、定額精算できます。

 

 

どのように

 

定額精算とは、宿泊費ですと社長は◯◯円、部長は◯◯円、

一般社員は◯◯円と旅費規定で決め、その通りに支払うこと

です。

実際の金額がそれよりすくなかったり、おおかったりしても関係

なく、会社がきめた「旅費規定」のとおり支払うということです。

また、出張日当も「旅費規定」で、社長1日あたり◯◯円と決め

れば、3日間の出張なら規定の◯◯円✕3日が支給できます。

出張日当は、出張に出たときの食事代やお茶代などの出張に

ともなう経費として支給できるものです。

ちなみに新幹線代などの交通費は、実際にかかった金額で

精算してください。

 

 

個人事業主は

 

出張時の宿泊や出張日当の定額精算は、給与所得者だけに

認められているので、あなたが個人事業主で事業をしている

場合、従業員は定額精算できますが、個人事業主自身は、この

定額精算はつかえません。

個人事業主は、すべて実額精算になります。

以上のことを考えると事業規模がおおきくなると法人組織のほう

が有利であるといえるでしょう。

 

 

—————————————————-

編集後記

昨日 スイミング 800m

まだ肉離れなおらないです、、、

およいだあとでもまだ違和感あります・・・
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)