資金繰りをらくにする

Pocket

HPはこちら

 

 

105

 

 

掛け売り・掛け支払

 

会社たちあげて売上が上がりだすと、とくに法人相手だと、

すぐに現金がもらえるというわけにはいきません。

 

たとえば8月末に、8月分をしめて9月末に入金や、その

9月末にそこから3ケ月の手形で支払をうけるということが

ありますので、実際回収できるのは12月末ですから来年

1月4日になるわけです。

 

また仕入れのほうはといいますと、こちらも創業時はなかなか

信用がないため、現金支払になることがおおいためよけいに

資金繰りがたいへんなのです。

創業時でなくても仕入れや経費は売上代金回収よりも支払いは

早くなりがちです。

現金商売でなければ、現金商売以上に資金繰りはたいへんなの

です。

 

 

資金繰りをらくにするには

 

まずは、できれば大口の売掛先の入金日よりもあとに仕入れなど

の支払日をもってくるようにしましょう。

 

そうすることによって資金ショートの金額をおさえることができます。

また、手形をもらう先には半分でも現金決済をお願いというか交渉

してみましょう。

 

こういう交渉をすすめるとよくあるのが、それでは現金支払にして

あげるけれども、金利をひかせてもらいますとよくいわれます。

この場合差し引き金利がたとえば1%としましょう。

 

手形が3ケ月手形としたら、この1%の金利、年利率に換算してみま

しょう。

3ケ月で1%ですから年利率に換算すると、4%になります。

年利率に換算して、相手と交渉しましょう。

 

金利だけきくとそうかなとなってしまいますが、年利率換算したら

高いといえるでしょう。

 

また、交渉してさがらない場合は、銀行の手形割引利率を調べて

そちらのほうが安ければ手形割引も考えてみればいいですが、

年利率換算して交渉して、銀行手形割引率よりも下げるほうが

はやいでしょう。

 

資金繰りがらくになるようにいつも考えてみましょう。

 

—————————————————-

編集後記

昨日 ランニング 6.81Km

最近ペースあげてバテ気味のためペースダウン

して次回以降走ります、、、
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117