支払う消費税は毎月わかる

Pocket

HPはこちら

 

キャプチャ

 

 

税抜き

 

ご存知のように消費税は税抜き経理と税込み経理

があります。

税抜き経理は、あなたの会社が必要なものを買った

とき、たとえば税込み5.400円のものを購入した場合

仮払消費税として400円計算します。

一方、あなたの会社がものを売ったとき、たとえば

税込み10.800円のものを売ったときは売上10.800円

ですが、この800円を仮受消費税として計算します。

この仮受消費税から仮払消費税を引いたものが、あなたの

会社が支払う消費税になります。

 

 

毎月の消費税は

 

あなたが自分で会計ソフトに打ち込んでいたり、

税理士事務所にたのんでいる場合、毎月会社が

いくら利益をあげているのか、会計ソフトで集計を

ひらいて「残高試算表」のなかの損益計算書をみて

判断します。

「残高試算表」は損益計算書と貸借対照表があります。

ここで、その「残高試算表」の貸借対照表のなかの

負債のところにある「仮受消費税」の金額から資産の

ところにある「仮払消費税」の金額を引けばそれが

現時点でのあなたの会社が支払う消費税の額です。

 

この「仮受消費税」-「仮払消費税」の額がマイナス

になれば消費税は返してもらえる還付になります。

 

毎月みている「残高試算表」からその時点の消費税

がいくらかわかりますので、いちど該当箇所をみて

計算してみるというのはどうでしょう。

 

 

——————————————————————
編集後記

あさは早起きですが、メールみるともっと早起きの

人がいます、、、

 
——————————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117