詩吟をやってみた

Pocket

HPはこちら

 

 

 

IMG_0019

 

 

 

知人と

 

 

天風会で知り合い、かつ同じジム仲間のひしきさんが

詩吟をやっているとちょっと前にお聞きしたので、昨日

いっしょに行ってきました。

 

詩吟は主として漢詩を特有のメロディで吟じる(うたう)。

また、和歌や俳句も同様に吟じる。

いただいた本には、学校でよくみた李白、杜甫なども

ならんでいます。

 

 

合吟

 

はじめてなので、合吟という複数人で詩吟をやってみました。

崔子玉「座右之銘」や徳川斉昭「大楠公」。

独特の節まわしです。

のばすところで、最初は息たえだえです。

肺活量はあるのに息が続かないのが不思議です。

3回、4回と吟じるうちにちょっとだけ息が続くようになって

きました。

 

 

腹式呼吸が必要

 

 

2分くらいで、1つの詩吟を吟じますが、腹式呼吸をきっちり

しないと詩吟はできないというのがよくわかりました。

 

また、女子は音程が、6本といって高い音程です。

男子は1本とか2本とか低い音程です。

2本でも節まわしするためそんなに低音には聞こえない

ですが、、、

 

詩吟やってみての感想はきもちいいものです。

腹からおおきく発声するため吟じたあとはきもちよく

なります。

 

 

 

——————————————————————
編集後記

家に帰って1人でやってみると、みんなで2分かかっていた

詩が1分10秒。。。のばしが足りないということですね。
——————————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117