聞こえにくいも障害

Pocket

HPはこちら

 

IMG_0011

 

 

年齢を重ねる

 

人は毎年年齢を重ねていくわけですが、身体のおとろえは

いろんなところにでてきます。

おとろえのなかで、聞こえにくい状態はどうでしょう。

音が聞こえにくくなって、音が入ってこないと対話ができない

もしくは困難になりますから「ボケ」てしまう危険があります。

 

 

補聴器補助

 

聞こえにくい障害は、補聴器購入するときに市町村から

金額補助がでます。

わたしは知らなかったのですが、東京都の知人に聞いた

ので、調べてみました。

大阪市でも障害者認定を受けると、つまり身体障害者手帳

を所持していると補聴器の補助が原則9割受けられます。

 

申請は

 

大阪市の場合、聞こえにくい障害申請は、大阪市の認定した

耳鼻咽喉科に出向き、耳の検査をおこなって、認定医が障害

ありと判断して、診断書を書いてもらいます。

この診断書には、この聞こえにくい障害は「◯◯級に相当する」

と書かれてあります。

この診断書を身体障害者手帳申請書と写真に添付して申請

完了です。

 

補聴器、ご存知のかたは知っての通り、高額です。

片耳で、性能が優れているものは軽く30万円から50万円は

します。

また、この補聴器は何年かしたら買い替える必要があって

1回買えばずっと使えるというものではないのです。

聞こえにくい耳が両方でしたらその倍の金額はみておく必要

があります。

 

こういう情報こそ、地域の自治会などが「こういう制度がある」

と拡散すればいいのでしょうが、知らない人がおおいかもしれ

ないですね。

 

行政がおこなう住民サービスは調べるといろいろあります。

 

「知らなければ不利益は知らないあなたに」を実感した出来事

でした。

 

 

——————————————————————
編集後記

今朝 ジョギング 8分

ジョギングは太陽があがる前にしましょう。。。
——————————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117