道迷いと遭難のわかれ道は


 

 

DSC_0354

 

 

赤◯と赤テープ

 

やまあるきしているかたはご存知のように

「正しい登山道はこちらです」という目印が

赤色のペイントされた◯(丸マーク)と樹や枝

などにつけられた赤テープです。

 

 

赤テープは注意

 

国立公園内などのやまとはちがい、普通のやまでは、

やまの所有者や森林関係者が独自に目印として

赤テープをつけている場合があります。

コンパス、地図で確認するまえに赤テープが

あるとついそちらのほうへいってしまったこと

はありませんか。

 

わたしはあります。

 

 

原則はもどる

 

ちがうなと地図をみて思ったら、まちがっていない

ところまで原則もどりましょう。

もどって時間をかけて、コンパス地図で読図しま

しょう。

 

 

遭難

 

道迷いだけでは遭難ではありません。

道にまよって、本人もしくは家族友人などが警察等に

救助要請した時点で遭難です。

道にまよう前のところにもどることができ、読図できれば

独力で生還は可能です。

読図できるかどうかが道迷いと遭難のわかれ道です。

 

と書いてきましたが、やまでも積雪期は判断がむつかしい

です。

とくに積雪期で天候があたり一面が真っ白になるホワイト

アウトなどは実際経験するとやはり恐怖をかんじます。

 

今回は無積雪期のやまの道迷いと遭難のわかれ道で

かいてみました。

 

 

——————————————————————
編集後記

昨日 スイム 500m

マラソンまで3ケ月ちかくなってきました。

明日か明後日はちょっと長い距離トライしてみます。。。
——————————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)