マイホーム3000万円or買い換え特例

Pocket

HPはこちら

 

 

 

IMG_0834

 

 

 

年齢をかさねる

 

おはなししていると「わかいときは坂や階段があったりは気に

ならない」ですが年齢をかさねると生活するのに高低差がある

のは毎日のことですから不便をかんじる度合いが強まるようで

す。

そのため一軒家を売却してマンションに買い換えようかと考える

かたもおられます。

 

 

売却時3000万円適用

 

そのさいに税金のはなしがでてきます。

ほとんどは一軒家売却した際の売却益にたいして3000万円

差し引くことができる特例を使います。

が、たまにマイホームの買い換え特例をつかったらどうかの

打診をうけることがあります。

たとえば、最初に買ったマイホームが1000万円としましょう。

この一軒家のマイホームを売却してマンションにいこうとして

4200万円で売れたとしましょう。

そして新たなマンションを同額の4200万円で購入。

(建物の減価償却などはここでは考えないことにします。)

普通は、売却益(4200-1000)の3200万円から特例の

3000万円をさしひきして200万円に税率をかけて税金を

計算します。

 

 

買い換え特例

 

ここでこの3000万円使わないで、課税を繰り延べる「買い換え

特例」(条件がそろっている場合)をつかった場合どういう不都合

がでてくるでしょう。

たとえば先の例で、買い換えでマンション購入して年齢をかさね

ていることから何年かさきはお亡くなりになります。

そのときに、相続人である子どもたちがみなマイホームを持って

いてそのなくなった親のマイホームを売却して処分するしかない

となったとします。

売却価格は4800万円とします。

 

一軒家からマンション購入時に「マイホーム買い換え特例」を

つかっている場合は、一軒家売却時の3200万円売却益は

課税を繰り延べてその時は税金はかからず0です。

が、ただ課税を繰り延べているだけですので、例でいえば

最終的に子どもたちが売却したときに税金はどうなるかといえば

(4200-1000)+(4800ー4200)=3800万円

この3800万円に税率をかけて税金を計算することになります。

(建物の減価償却などはここでは考えないことにします)

マイホーム買い換え特例をつかった場合、この「1000万円」は

「引き継ぎ価格」といって税務署がずっと管理しています。

 

こういう不都合がおこる可能性がありますので、次世代の子ども

に負担をかけないように生前から考えておきましょう。

また、不動産関係の書類はかならず保管しておくことを

おすすめします。

 

 

 

——————————————————————
編集後記

タイピングキーボード見ていないで打てるようになりましたが

まだまだ考えながらうっているため遅いです・・・

日中半袖、朝晩長袖と羽織るのがたのしい季節になってきまし

た。
——————————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117