黒字のときの納税資金は

Pocket

HPはこちら

 

 

004

 

 

創業時など

 

できるかぎりの節税もおこなって、創業時などで決算を

組めば黒字になって納税資金が不足している場合など

はどうしたらいいでしょう。

 

 

分割で

 

納税は通常決算をしめてから2ケ月後です。

9月末決算ですと11月末が納税期限になります。

納税期限をすぎれば、延滞税がかかってきます。

銀行から借りた借入金利息は経費になりますが、

この延滞税経費にならないのです。

延滞税利息も銀行借入金金利より高いです。

 

 

社長から

 

みなさんよく実行されているのが社長個人の資金を会社

に貸すことによって納税するということです。

そして、会社にキャッシュがあるときに返済をうけるという

かたちです。

 

 

銀行から

 

いちばんオーソドックスなのは、銀行から納税資金をお借り

するということです。

黒字になっているということは売掛金が積み上がっている

とか、売れているため在庫などが多めになっているとかの

理由でキャッシュが不足していると考えられます。

決算書をみれば利益がでているため、銀行は貸す確率は

高いでしょう。

 

ただ納税資金が不足するなどが決算しめてからわかるなどは

やめましょう。

 

決算3ケ月前には節税して、おおよその納税額の把握は

しておきましょう。

 

 

 

—————————————————-

編集後記

名古屋市小牧に経営計画発表会いってきました。

いろんな気づきがあった経営計画でした。

 
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117