甲賀忍法帖

Pocket

HPはこちら

 

 

IMG_0902

 

 

山田風太郎著

 

甲賀忍法帖読んでみました。

2001年にお亡くなりになっている山田風太郎氏の小説。

さまざまな忍術をあつかう忍者が伊賀と甲賀それぞれ

10名で戦うというものです。

 

はじめはなんのためにたたかっているのかわからない

忍者たちですが、最後のほうで徳川三代将軍を竹千代

にするのか国千代にするのかの結論を伊賀と甲賀の

決着で決めているということがわかります。

竹千代が長じて三代将軍になった家光となれなかった

幼少期国千代であった徳川忠長の史実をとりいれて

のものがたりです。

読者は竹千代側が勝つとわかっているがその結末

にいたる過程がなんともおもしろいです。

 

また伊賀の当主の娘と甲賀の当主の息子が恋仲で

ありその両名とも10名のなかにはいっているのが

最後どういう結末になるのか気になって一気に読んで

しまう小説でした。

 

だいぶ以前に書かれた本ですが結末は”うーんそうなるか”

とうなずくものがありました。

 

 

 

——————————————————————
編集後記

昨日は発声練習しすぎました。そのせいかいつもより

はやめに目が覚めたあさです。
——————————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117