決算での税金をつかむ


 

 

IMG_0045

 

 

 

期末の税金

 

経営していて経営者が考えることはいろいろありますが

事業年度締め日の2、3ケ月前の予測から支払う税金の

金額がどれくらいになるのかはつかんでおきたい数字の

ひとつでしょう。

 

 

シュミレーション

 

 

そのためにもはやめの会計処理は必要です。

いちどに何ヶ月もしようとするとなかなかすすまないという

経験があれば、週単位がこんなんなら最低限月単位で

まとめ上げましょう。

 

9ケ月間の数字がまとまったらそこから期末の数字がはたして

どうなるのかのシュミレーションをはじめましょう。

そのさいに考えることは経費は毎月大まかにどれくらいかかるか

わかっていますので、それ以外のおおきな経費があればプラス

して考えればいいでしょう。

 

法人を念頭において書いていますが、フリーランスもおなじです。

以上がそろったら期末までどれくらいの売上が上がるのか、また

原価率はどれくらいが適切かシュミレーションしていきます。

 

 

最後に

 

シュミレーションの結果黒字が見込まれるのであればあと3ケ月

ありますから節税できるものは節税していきましょう。

そしてそこまでできれば来期の売上数字や原価率などの検討を

しましょう。

以上が3ケ月まえにおこなうことです。

そのためにもはやめの毎月の月次決算が大切なのです。

 

 

 

 

——————————————————————
編集後記

昨日 スイム 150m

午前6時ごろようやくあかるくなってきたので10分ほど外に出る

と「寒い」と感じたのがうそのようにポカポカしてきます。。。
——————————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)