隠し剣孤影沙


 

 

キャプチャ

 

知人から

 

藤沢周平氏は読んだことはなかったのですが、知人から

この本おもしろいよといただいたのが、「隠し剣孤影沙」と

いう短編集でした。

肉離れしていることもあり、一気に全部よみおえました。

すべて時代は江戸時代の武士の剣豪が主人公ですが、

描いているのは人間そのものです。

もちろん生まれたその時代の価値観から人間は完全には

自由にはなることはむつかしいため、武士の価値観をベース

に人間のこころもようを描いています。

 

 

いつもおもうこと

 

時代小説にかぎらず小説をよむと、主人公やそのまわりの

人の描写によって、想像力がかきたてられます。

作者が描く主人公を読み手は自分のなかで人物像をこの

ような感じと像をむすびます。

それは自分がいままでいきてきたなかで交差した人や

かかわった人から抽出したなかの総合的な人物像であった

り、それ以上の像でもあります。

 

 

現代TVよりおもしろい

 

この想像力で描いた人物像が、たまたま映画などになり拝見

したときなど、違和感を感じることはないですか?

このキャスティングはわたしが想像していた像とはちがうとおも

ったことはないですか?

人間ひとりひとり想像する像はちがいますが、この想像力が

小説をもっとおもしろくしているのでしょう。

人工知能が発達して将来この像がヴィジュアルに再現できる

なんてことがありうるのかもしれないですが、どのようになって

いくのか興味深いところです。

 

 

 

—————————————————-

編集後記

昨日 スイミング 550m

藤沢周平氏は故人だったんですね。

おもしろかったです。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)