自宅で起業、電気代は?

Pocket

HPはこちら

 

 

 

IMG_0043

 

 

事務所でなく

 

事業を始めたとき、手っ取り早いのは、自宅で起業です。

もちろんある程度の売上がたつのであれば、最初から

事務所を借りておやりになるのもいいでしょう。

しかし、売上の見込みが不安定なら自宅起業も選択肢の

一つです。

 

 

そのさい

 

自宅を事務所にしたばあい、電気代はどうすればいいでしょう。

もちろん自宅兼事務所ですから全額経費にはできません。

税務署的にいえば、合理的な分け方をしましょうということです。

ご自分で、事務所として使用している分と自宅使用分をどれくらい

か、割合を考えて、たとえば事務所使用割合が70%,私用部分が

30%なら、電気代を70%部分を経費にします。

 

 

考えかた

 

合理的に説明がつくようにしておきましょう。

電話代も考えかたは上記の電気代と同じです。

事業で使用している分と私用部分を割合で分けて、事業部分を

経費にしましょう。

 

 

 

—————————————————-

編集後記

昨日 ランニング 5.52Km

昨日は、最後の一周1Km 5分15まであげました。

これで長時間らくに走れればいいんですが、、、
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117