医療用ロボット


 

 

016

 

はなしのなかで

 

外科医師から聞いたはなしとして、手術支援医療用ロボッ

トの進化は昨今かなりのものがあるということです。

前立腺ガンなど広範囲の手術で医療用ロボット使用はふえて

きて、また保険適用も範囲がひろがっているとのことです。

 

 

 

医療用ロボットの比重

 

患者さんに、手術支援医療用ロボットを使用するか、医師のみ

の手術を希望するかの割合が、年々ロボットを使用するという

選択がはなしによるとふえてきているようです。

そのため、将来補助ロボットを使わないというか使えない医師は

失業の可能性があるのではというはなしでした。

 

 

みらいは

 

未来はどんな医療になるのかわからないですが、どの職種でも

ロボットに代表される人工知能で、多かれ少なかれしごとが

減少するという予測があります。

予測は予測として、それ以上にさらなるしごとを作っていく創造性

や工夫がどの職種でもこれからは求められるということでしょう。

 

 

—————————————————-

編集後記

小秀山のかえりの下呂温泉は適度の源泉でゆったり

できました。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)