人はいつでも決断している


 

 

DSC02443

 

 

独立まえ

 

フリーランスになって生計をたてれるか、すなわち

たべていけるかは、独立する人にとってはおおきな

問題です。

それも独立するときに、すでに何軒かお客様がいれば

こころ強いですが、お客様がいなければいかに楽観的

な人物も多少はこころぼそいでしょう。

 

 

 

雇われている

 

しかしサラリーマンで雇われていたときを考えてみましょう。

いくら仕事がはやくおわっても急用がないかぎり基本

はやく帰ることはできません。

また、あわない上司や職場はあります。

そんなことはないという方はしあわせです。

フリーランスはやすもうとおもえばやすめます。

もちろんその分収入がへることは考えられますが、、、

いちばんの利点は、時間が確保できることでしょう。

 

 

 

昨日のBlog

 

昨日書いた「考えたら一歩を」は、資格をとっても独立

しないで、勤務税理士をしている知人にたまたま往来で

あったのですこしはなしをしたんですが、リスクを考え

すぎだなと思ったため書いたものです。

が、一日たって、独立するリスクを並べたのを思い出して

「独立という決断」をしないという決断をしているんだなと.

かんじました。

人はいつでもその時点時点でなにかしら決断している

んだというのをつよく感じたことばでした。

 

 

—————————————————-

編集後記

お客様のふるさと納税の限度額計算も

終わりました。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)