銀行消滅


 

 

DSC_0454_preview

 

 

「銀行消滅」副島隆彦著 祥伝社

 

まちなかを見渡せば銀行の統合などで金融機関

の店舗が年々少なくなっています。

最近ではメガバンクが店舗の統廃合と人員削減

を中長期の事業計画にいれはじめました。

インターネットバンキングがパソコンやスマートフォン

で手軽にできるようになったことから金融機関の

店舗にいく回数は確実に減っていますし、店舗に

いってもATMでほとんどことはたります。

このATMですが、コンビニATMが6万台近くになって

いるようです。

2001年の1万台から2016年にかけて右肩上がり

です。

一方銀行ATMは3大メガバンク+りそなが3万台から

2万6千台に、また、地銀が4万8千台から4万6千台

に減少傾向です。

 

 

ATMシステム変更が負担

 

松江市のJR松江駅にある島根銀行本店(H29年2月新築)

にセブン銀行のATMが設置されたようです。

これは訪日外国人客がつかう外国銀行カード(銀聯カード)

への対応が自前で負担になってきたためであるようです。

自前でシステム変更するには億単位の費用が発生するため

これからコンビニATMになっていく金融機関は多いでしょう。

新生銀行は自前のATMを0にして、セブン銀行ATMにした

ようです。

 

ブロックチェーン

 

新しくビットコインを買った人の分を世界中で同時に計算

するようです。その計算量は膨大で、この計算に助力した

人たちにビットコインが報酬として支払われる。

 

ビットコインなどの仮想通貨をつくっている枠組みである

ブロックチェーンのしくみも説明してあります。

 

ブロックチェーンは「分散型台帳」と訳されネットワーク内

での取引をブロック=台帳に記録してその記録が時間の

ながれにしたがって鎖=チェーンでつながっていく。

これをネットワークに参加するすべての人が共有する。

この「分散型台帳」に記録されて保存されるのだが、定期的

に別のおおきな台帳にすべての取引を記録する。

これを「追記」というようですが、この追記の処理でビットコイン

の売り買いの取引の正しさを確認するためになおも膨大な

計算をしなければならない。

最初に追記ができた人(取引を承認できた人)にビットコイン

を成功報酬として与える。

 

ブロックチェーンは圧縮関数(ハッシュ値)の数字で「解はない。

すべては無限である」ということでつくられているようです。

権力者はこのシステムの全貌を把握してから取り込んでいく

んでしょうがいつになるのか興味深い内容でした。

 

副島隆彦氏といえば直近でもトランプ氏が次期アメリカ大統領

になると9ケ月まえに言い当てました。

今回のこの本では2018年4月に北朝鮮の核施設をアメリカが

爆撃し、1ヶ月で終了と書いてあります。

これは、2017年4月に副島氏は言い始めています。

なぜこの時期なのかも書いてあります。

興味あるかたはお読みください。

ブロックチェーンのところの説明はおもしろいです。

 

 

——————————————————————
編集後記

今日12月28日まで仕事してるのははじめてです。

きもちを入れ替えはじめます。
——————————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)