月次決算のすすめ


 

 

年一回の決算ではまにあわない

 

年一回の決算でほんとうにいいのでしょうか?

事業年度が終わってから利益が出るとわかっても

もう手の打ちようがありません。

節税対策をするには前々から数字を把握しなくては

できないのです。

 

 

問題を的確に把握するため

 

また、反対に赤字の場合は月次決算をすることにより

会社の問題・課題が明らかになります。

そのため、はやめはやめに手がうてます。

月次決算は毎月、毎月決算のように数字を把握するため

減価償却費も1/12ずつ計上し、法定福利費も月末が土日休

の場合でも計上し、毎月の推移をチェックします。

 

月次決算のすすめ

 

会計入力は年々すすんでいますので一度月次決算を

することをおすすめします。

弥生会計やマネーフォワード・freeeなど年々銀行取引の

取り込みがすすんでいます。

ご自分で会計入力されている場合、決算期3ケ月前には

売上予測をして決算期末の損益を見通し、対策をうつ必要が

あるのです。

 

銀行の説明には

 

銀行借入金がある会社は決算が終われば決算報告書提出

を銀行からいわれますがその際銀行員が会社のこれからの

見通しや業績予測を聞いてきます。

その際銀行にすぐお答えできるように「決算説明書」を書いて

おきましょう。銀行員は3年ごどくらいに異動しますので会社

概要から事業戦略、会社の課題や来期売上予測や設備

計画などを書いて渡すと設備投資借入や万が一の運転資金

借入が以前よりスムーズにいきます。

 

—————————————————-

編集後記

田中宇さんの国際ニュース解説普段のマスコミとは

異なった視点から世界がみえます。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)