ふるさと納税 土地売ったとき


 

 

IMG_1004

 

 

まもなく12月

 

この季節になると「ふるさと納税」いくらするのか

気になるかたはおおいんではないでしょうか。

そろそろフリーランスのかたなど、12月になると

29年度の収入と経費がおおよそわかってきて

確定申告時の税金の数字がみえてきます。

 

 

ふるさと納税

 

確定申告時の税金がいくらくらいになるかが

わかると、ふるさと納税をいくらくらいすれば

いいか、インターネットでしらべればおおよそ

わかります。

が、通常の収入以外に、たまたま持っていた

土地などを売って利益が出たときなどは、

ふるさと納税いくらすればいいのかの限度額

計算。、インターネットでしらべると書いてあること

は書いてあるんですが、実際計算するとけっこう

時間かかりますし、土地売却で利益金額がおおい

場合検算も2,3回してしまうというのが現実です。

 

一般のかたがほしい情報は、ただ単に自分の

所得でいくらふるさと納税すればお得になるのか

の限度額を知ることです。

 

 

自治体のHPどこが有用

 

そこで土地などを売った所得などもあってふるさと納税

限度額計算がすばやくわかる自治体を今回おしらせ

します。

堺市のHPはよくできています。

住民税額シュミレーションが以下のページでできます。

http://www.tax-asp.e-civion.net/tax-project/SakaiMenuAction.do

 

計算したい年度が平成29年度(平成28年度中収入)と書かれて

いて、平成30年度(平成29年度中収入)はないですが、納税者

などの生年月日で年金控除額などの不都合が多少ありますが

それを加味してお使いください。

 

このページで「複数の収入がある方」を選択して、事業所得

や給与所得に関する数字をいれ、生命保険控除など所得

から引けるものを順次いれます。

そして土地などを売却した明細を入力し、寄付金のところの

ふるさと納税の金額をいったんいくらか金額をいれて、一番

下の黄色四角の「税額計算」を押します。

そうしますと、税額計算結果が表示されます。

ここで、右上のところに「所得金額、所得控除額の内訳は

こちらをご覧ください」がでています。

この「こちら」部分が押せるようになっていますので、押して

みましょう。

税額試算の内訳がでてきます。

ここで、むらさき色の寄付金税額控除の下のほうにある

「寄附金税額控除の特例控除額が上限額である所得割の

2割となるふるさと納税額の目安(この試算で算出された額)」

のところにあなたのふるさと納税の限度額金額が書いてあります。

 

ここで、注意点は寄付金の額いくらか入れることです。

数字いれないと「ふるさと納税額の目安」はでません。

 

と、ここまで書いてきましたが、フリーランスははやい段階での

収支を把握しないとふるさと納税限度額計算もできません。

黒字ならぜひはやめの限度額計算してみましょう。

 

 

 

——————————————————————
編集後記

明日から師走。

きもちはゆっくりいきましょう。
——————————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)