鈑金業社長とおはなしして


 

 

037

 

昨日

 

くるまが破損した場合に修理する自動車鈑金業の社長との

はなしで、10年前の顧客の80%が減少したといわれました。

自動車鈑金業ですから、主な顧客は街の自動車屋さんです。

この会社の顧客の8割が廃業しているのです。

そのため、一般顧客向けの鈑金営業の看板が正面に掲げ

てありました。

 

 

なぜ消えたのか

 

街の自動車屋さんはかっては街のいたるところでみかけました。

それは、くるまが故障するものだったからの必然でもありました。

エンジンの点火装置であるディストリビューターが、ポイント調整

からコンピューター制御に、冷却装置であるラジエーターがアルミ

になるなどの技術が急速にすすみ、自動車が故障しにくくなった

ころから収益が上がらなくなったのです。

 

 

街の文具店も

 

以前は事務用文具店も街のいたるところでみかけました。

が、宅配便が完備されたことからアスクルが、カタログを

配布して、翌日配達をうたい文句にしてから顧客の移動

がはじまり、あっというまに街の文具店が消え去りました。

 

 

変わり続ける

 

「変わらずに生きのこるためにはみずからかわらなければ

ならない」

これは、イタリア映画巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督作品

「山猫」のなかでの台詞です。

 

どんな職種でもいま行っているサービスが顧客のニーズに

あっているのか、日々考えて工夫した方がいいとおもえば

すぐに行動をおこす積極さがもとめられるでしょう。

 

 

—————————————————-

編集後記

ようやく足腰の筋肉痛がやわらぎだしました。

このやわらいでゆく時間がここちいいのです。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)