あなたの会社はいくら売れば黒字


 

 

 

DSC02464

 

 

事業を立ち上げたら

 

会社を始めたら毎月の家賃や電話代、水道電気ガス代、

備品代、役員・従業員給与、社会保険料、などの経費が

かかります。

これらは固定費といって売上が多少上がろうが下がろうが

ほぼ一定してかかる費用です。

ちなみに個人事業主は法人とちがい、役員給与という

経費は認められていませんが、個人事業主も固定費の

なかに毎月必要な生活費の額をいれて固定費を計算

しましょう。

 

 

まずは粗利益をだします

 

粗利益ってなんでしょう?

粗利益とは、会社が売り上げた金額から売上に必要で

ある仕入れた商品や材料、外注費などをさしひきした

金額です。

 

この粗利益の金額が固定費の金額を上回れば黒字です。

 

 

どんなふうに計算

 

あなたの会社の商品が、売価 1個1000円で、この商品を

作るのに材料や外注で400円かかったとします。

粗利益は、1000円-400円=600円です。

粗利益率は、600円÷1000円で、60%です。

 

ここで、毎月の固定費が120万円かかるとしますと、黒字に

するために必要な毎月の売上高はいくらにすればいいでしょう?

 

利益がちょうど0になるのは、120万円÷60%(0.6)=200万円です。

ですから200万円以上の売上で黒字になります。

いつもあなたの会社の粗利益率を考え、毎月しめたときに粗利益率

が大幅に変動していないか確認しましょう。

 

 

—————————————————-

編集後記

雨があがって、空気が澄み気持ちがいいあさです。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)