赤字でなぜやっていける


 

 

IMG_0253

 

 

よくいわれる

 

中小企業は赤字が7割とよくいわれますが、なぜ業績が

赤字でやっていけるのでしょうか?

それは事業規模が小さいからなのです。

資産規模や負債規模が小さいからやっていけるのです。

 

 

どういうこと

 

事業規模が小さいと、資金繰りに窮しても役員や代表者から

の借り入れや役員報酬を減額することによってなんとか運営

が可能なのです。

しかし、役員報酬を減額し、役員借入金が増えだすと要注意

信号が灯ったとおもってください。

 

 

そのとき

 

その要注意信号が灯るまえに、決算書上にはなんらかの兆候

があらわれます。

その兆候をみのがさないためにも月次決算が必要です。

銀行借り入れや節税、申告のためだけに決算書をつくるって

思っていませんか?

 

 

 

—————————————————-

編集後記

法定調書昨日は、eltax市町村の接続が混雑していて

なかなかつながらない状態が続いてました。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)