税務署のお尋ね


 

 

DSC02376

 

不動産登記

 

税務署は定期的に法務局の登記情報を入手しますので

土地などの不動産をを売却したり購入したりすれば、ほど

なくわかります。

 

 

土地などを売却

 

土地などの不動産を売却した場合は、税務署から「お尋ね」

の文書がくるときがあります。

この「お尋ね」は、「土地家屋譲渡所得に関するお尋ね」という

ものです。

あなたがおこなった売却、申告する必要があるんではないです

かの注意喚起の文書です。

土地などを売却した価格から原価である購入した価格などを

差し引いた金額がプラスなら税金が発生しますので、確定申告

する必要があります。

マイナスになるなら税金は発生しませんが、減額できる特例

などを使ってマイナスになる場合は申告しておきましょう。

 

 

土地などを購入

 

反対に土地などを購入したときも税務署から「お尋ね」文書が

送付されてくる場合があります。

この「お尋ね」は、「お買いになった資産についてのお尋ね」や

「新築、買入れされた家屋等についてのお尋ね」などの文言が

書かれていて、住宅の購入価格、支払方法、前年の所得金額、

物件購入資金の調達方法、いわゆる出どころなどを答える文書

です。

すべて現金で購入している場合など、その人の収入所得で

まかなえるのか、また、住宅ローン以外の頭金が稼いでいる

所得とバランスがとれているのかなど、贈与の申告漏れなどを

チェックしています。

 

これから昨年土地などをうごかした人にランダムに送付されます

ので、きましたら落ち着いて対処しましょう。

 

 

—————————————————-

編集後記

昨日 スイミング 500m

久しぶりに気持ちよくおよぎました。

 
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)