土地を買うにはいくらもうければいい


 

 

DSC_0071

 

 

利益が

 

利益が出だすと会社で事業のため車などを駐車するための

駐車場を借りている場合など、毎月の駐車料の支払額を考え

ると、土地を買ったほうがいいのではないか?

賃借料を何十年支払っても自分の会社のものになるわけでは

ないため土地購入を考える社長はおおいです。

 

 

どれくらい

 

土地を買うにはどれくらい儲ければいいのでしょうか?

いままで支払ってきた賃借料は、会社の経費になるため、

全額が利益から引けるわけですが、土地は、決算書の資産

の欄に、買ったそのままの金額で記載されまったく経費になり

ません。

 

ということは、会社の利益から法人税などの税金を差引いた

金額からこの土地購入代金を借入した銀行に支払って行かな

ければならないということです。

ちょっと計算してみましょう。

 

計算する

 

まず、土地 2000万円を銀行借入で設備資金として借入すると

します。

設備資金ですから借入期間は15年から20年ですが、金額が

2000万円なので15年として、金利 2%と設定してみましょう。

2000万円を法人税等(実効税率は35%とします)を考えると、

2000万円÷(1-0.35)=3076万円の利益を残す必要があります。

 

そして、金利は2%ですから、1年めの金利は40万円。これが15年

ですから平均をとると、(40万円+0)÷2=20万円。

20万円✕15年で支払う金利は300万円。

 

土地を購入したことにより、固定資産税が毎年かかります。

固定資産税が1.4%,都市計画税が0.3%

概算で、2000万円✕0.7✕1.7%=238.000円が毎年支払

返済期間の15年でみると、238.000✕15=357万円。

 

これに、土地購入時に登録免許税、登記代、何ヶ月か後に

不動産取得税など(これらは1回かぎり)が約100万円ほど

かかります。

 

1.9倍かせぐ必要あり

 

合計3076万円+300万円+357万円+100万円=3833万円。

このように、2000万円の土地を買うには約1.9倍を稼がなくては

返済できないのです。

 

ですからいま会社が順調でも返済期間にわたって返済するには、

計画をたて、全額借入するのか、いくらくらいなら頭金をいれれる

のかしっかり計画をたてて実行にうつしましょう。

 

—————————————————-

編集後記

昨日 スイミング 700m

曇り空ですが、湿気がなくさわやかな金曜日です。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)