低糖質食事考えたことありますか

Pocket

HPはこちら

 

 

IMG_0429

 

 

上阪徹さん著

 

「ライザップはなぜ結果にコミットできるのか」を読みました。

ライザップといえば、ビフォーアフターの広告が有名ですが、

そのライザップを体験した上阪徹さん著の本です。

このなかで、ライザップの痩せる方法のポイントとして、

「筋力トレーニング」「低糖質食事法」「トレーナーによるマン

ツーマンのメンタルフォロー」をあげています。

 

低糖質食事法

 

この低糖質食事、あまり意識したことがなかったですが、糖質

のある食物はなるべく食しないようにということです。

カロリーが高そうだなというのは誰しも考えることですが、糖質

の過多はわたしはあまり考えたことはなかったです。

ライザップが推奨している食材の例なども掲載されていて参考

になります。

 

 

筋力トレーニング

 

筋トレは,スクワット、ベンチプレスはやっていますが、足と背筋を

鍛えるデットリフトはやっていませんでしたので、挑戦したいと思い

ます。

 

 

トレーナーによるマンツーマン

 

ライザップは、痩せるのは手段であって、やせる目的を明確にさせて

います。

最初に最終の目標であるゴールを設定させています。

そのゴールにむかって2ケ月間トレーナーによるマンツーマン指導で

結果にコミット(積極的に関わる)しています。

読み終わって、ライザップの核心は、トレーナーによるマンツーマン

なんだとわかって、これは人工知能にはできない分野ではないかと

思いました。

 

 

 

—————————————————-

編集後記

ライザップは食事量、朝3昼5晩2としていると書いてあります。

わたしは朝0昼5晩4ですので、一考してみます。

 
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117