収入印紙 消費税額書くだけであなたの会社は得をする


消費税額が区分されているかどうかで異なる

ご存知のように収入印紙のいちばんなじみがあるのが

ご商売されているかたが売上代金の領収として貼る

17号課税文書。

平成26年4月1日以降は記載受取金額が5万円未満の

ものは非課税です(それ以前は3万円未満でした)

あと不動産売買契約や金銭消費貸借契約に貼る

1号課税文書や請負契約書に貼る2号文書などが

あります。

ここで、建築工事請負契約における収入印紙を例にとってみますと、

請負契約金額が5400万円としますと、消費税について

記載がない場合は収入印紙は30.000円です。

が、請負契約金額5000万円(別途消費税400万円)と記載されて

いれば収入印紙は10.000円です。

消費税額は記載しましょう。

この考え方は領収書に貼る収入印紙にも消費税が区分表示

されていればふくめない金額で判定できます。

 

image

 

 

売主が不動産販売業者である場合

 

また不動産売買業などは、買主にすぐ所有権が移転する場合

が多いため、原本を買主にわたし、売主の不動産売買業法人は

収入印紙の節約のため控えですますことがあります。

買主の原本をコピーして控えにするのです。

 

注意すべき点

 

が、一点注意すべきことは、控えをとる際にまだ印鑑押印していない

原本をコピーして、契約時に原本・控え双方印鑑押印した場合は

控え文書は課税文書になりますので注意すべきです。

双方印鑑押印した原本をコピーして控えにしましょう。

 

—————————————————-

編集後記

昨日 スイム 1200m

3月に新築なった城東図書館横さくら

005
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)