スノーデン


 

 

DSC01782

 

 

エドワード・スノーデン

 

オリバー・ストーン監督のスノーデン。

NSA (米国国家安全保障局) がおこなっていた情報収集

プログラムは、テロリストだけでなく民間企業や個人にまで

対象にして、テロとはなんの関係もないインターネットや携帯

電話の発言内容、個人の趣味などを大量に収集していた。

そのプログラムの構築を自分がしたことの煩悶とこんなテロ

とまったく関係のないことをしてもいいのかという疑問から

NSAをやめて、香港からイギリスの新聞社にファイルを暴露

したのがエドワード・スノーデンである。

この映画のキャッチコピーが彼は「英雄か裏切り者か」である。

 

 

マルウエア

 

エドワード・スノーデンは、2年間日本の横田基地に配属されて

いた。

この映画のなかで、日本のこともでてきます。

日本のインフラに、われわれNSAがマルウエア (コンピュータウイルス)

をしかけていて、日本が米国の同盟国でなくなったらマルウエアを

作動させ、混乱させるというくだりです。

映画では、日本列島から電源が瞬時にきえていくさまが描写されている。

国連で敵国条項がいまだ残っているのと重なり合う状況だ。

 

 

未来は

 

すこしまえまで、駅前などの監視カメラ、個人の自由と防犯対策、

どちらが優先されるべきか、よく俎上に載っていましたが、今では

市民権を得て、眼差しをあげれば監視カメラがあります。

コンピュータ性能が人工知能によって今後ますます進化すること

から、これから未来はどのようになるのか考えさせられるドキュメン

タリーでした。

 

—————————————————-

編集後記

昨日、飯盛山南尾根コースを歩いてきました。

だいぶ足のほうよくなってきました。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)