相続税かかるかどうかの判定は

Pocket

HPはこちら

 

 

相続税の基礎控除額がさがった

 

相続税の基礎控除額 (相続税の計算で財産からひける額) が

平成27年1月1日より、以前の6割 (すなわち増税) になっています。

金曜日の自主スイトレまえに聞かれたのですが、基礎控除額が

さがったことにより相続税かかるかどうか興味があったための

わたしへの質問でした・・・

 

 

相続税の申告要否判定コーナー

 

みなさんご存知でしょうか?

国税庁のホームページを開けますと、右側上部に黄色で「相続税の

申告要否判定コーナー」とでています。

相続税申告書を作成する (つまり相続税を支払う) 必要があるのか

どうかの判定をおこなうものです。

数字を入力してみて、かなりよくできています。

土地の評価に関しては、このソフトは不整形地の土地には対応して

いませんし、土地の間口や奥行き補正等もできないので、正確には

でないですが、その方の相続税がいくらになるのかではなく、相続税

がかかるかどうかの目安が眼目ですので有用だと思います。

 

 

小規模宅地等の特例も

 

小規模宅地等の特例や配偶者の税額軽減も入力できます。

やはり基礎控除額が少なくなり相続税がかかる対象者が

ふえたことによる税務当局のサービスの一環なのでしょう。

土地の評価で使用する路線価図も国税庁のホームページの

下側左に「路線価図」が7年分掲載されていますので、財産等

お持ちだとお思いのかたは一度「路線価図」や「相続税の申告

要否判定コーナー」お使いになってみてはどうでしょう?

相続税かかるかどうかの判断に最適です。

 

—————————————————-

編集後記

金曜日 スイトレ 2150m

土曜日 ランニング 10Km

今週から3ケ月6回の研修をうけてきます。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117