申告書提出時消費税届出書も

Pocket

HPはこちら

 

 

IMG_0087

 

 

確定申告時

 

個人事業主のかたが確定申告書提出する際は消費税の届出

も必要かどうかチェックをしましょう。

 

平成28年度の確定申告書で課税売上高が1000万円以下に

なった場合は、「消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書」

をだしておきましょう。

 

反対に課税売上高が1000万円を超えた場合は「消費税課税

事業者届出書(基準期間用)をだしましょう。

その際に課税売上高が5.000万円以下であるなら通常の消費税の

計算をするのか、業種によって、みなし仕入れ率が使える簡易課税

を選択するかどうか考えて一度計算してみましょう。

 

その結果、簡易課税が有利であるなら「消費税簡易課税選択届出書」

をだしておきましょう。

この簡易課税選択届出書は適用を受けようとする課税期間の初日

の前日までとなっていますが、これは忘れやすいです。

 

届出書検討を

 

そこで、確定申告書を出す際に、有利であるなら申告書と同時に

提出することも検討してみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

—————————————————-

編集後記

昨日 ジョギング 10分

けさは風がけっこう吹いています。。。

まだまだあさは冬物衣料手放せないですね。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117