支払手形を減らす効用


 

 

DSC_0105

 

 

運転資金

 

運転資金を余裕あるものとしていこうと、支払い時に

現金にかえて何ヶ月後の手形を切ることがあります。

この支払手形何ヶ月後の期日に自社の当座預金に

残高がないと不渡りになります。

6ケ月間に2回不渡りになると銀行取引停止処分に

なります。

資金繰りの関係で支払手形発行は発行時はらくなの

ですが、支払い期日に支払えなければ倒産の危機に

瀕します。

 

 

支払いを

 

支払いを手形発行でするようになると、相手会社は

回収が何ヶ月後になるわけです。

相手会社にとっては、支払い期日に現金ではなく手形と

いうことは回収リスクが増えます。

ので、あなたの会社が手形取引しているならその仕入れ

には、通常の現金取引とことなりある程度の金利分は、

のせられていることでしょう。

その金利分はあなたの会社の回収不能リスクなのです。

考えてみればわかりますが、現金でしはらうお客様と

手形で何ヶ月後に現金になるお客様は単価がことなる

のは間違いないでしょう。

 

 

ですから

 

支払手形をきっているから(支払いが遅いから)得をしている

という一面は確かにあるのですが、その分仕入れ価格に

相手会社があなたの会社の回収不能リスクを価格に転嫁して

いるかもしれません。

資金繰りをらくにするため、支払手形をきっているなら、仕入れ

代金は早めに支払ってその分仕入れ単価を安くなるように交渉

することも考えましょう。

支払手形をなくせば、手形期日まえに資金繰りで眠れなくなる

ことはなくなります。

 

 

 

—————————————————-

編集後記

けさ ランニング 3.56Km

昨日 スイミング 1000m

夜明け前に走り終えるのはもう一つですね。

やはり走り終えるころに夜が明けるというのが

ベストです。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)