ロボットがもたらす仕事の未来

Pocket

HPはこちら

 

 

DSC02135

 

 

仕事の未来

 

仕事の未来はどうなるをみる?と問いかけられて、

スウェーデン発ドキュメンタリー「ロボットがもたらす

仕事の未来」を拝見しました。

スタートはある倉庫での注文された品々を個々の

ロボットが的確に品々を取っていく様から始まりました。

また、米国のかっての製造業が軒を連ねていた場所が

空き家だらけになっている現状をまず画面は映し出し、

現在の米国の製造業の現場から人工知能をつかった

ロボットがやすみなく8,000時間工場で動き続けるさま

を撮り、経営者の口からはロボットの台数をふやして

人間はもっと高度なことをしてもらうようなことを話して

いました。

 

 

専門家は

 

そこから専門家といわれる人びとが立ち代わり、今後の

人工知能の発達は驚異的なペースで進化するということ

をいろんな面から検証していました。

ある専門家の予測意見では、人工知能の進化でいまから

20年後米国では48%程度の失業率が予想されるといって

いました。

ほぼ半数が失業するということになります。

 

 

失業した人びと

 

失業した人びとをどうするのかという問いに、社会の共同体と

して、いわゆる「ベーシック・インカム」のように国民1人あたり

◯◯円というふうにすべての人に配布するのがいいのでは?

という意見に

そうだ、そうすれば創造的なことを人びとはするようになるという

意見や、いや、そうすれば人びとはまったくはたらこうとしなくなる

という意見がだされていました。

 

できうれば、自分の食い扶持は自分でかせぐことができればいい

のですが、さきほどの半数近くが失業する社会では、ベーシック・

インカムも一手でしょう。

というかそれ以外は考えづらい結論ではないでしょうか・・・

 

人工知能の進化で共同体自体が恩恵を受けることができる社会

の到来は、人間とはなにかという問いかけを再度個々人になげ

かけられることになるのでしょう。

 

 

—————————————————-

編集後記

ようやく風邪ほぼ治りました。

ウオーキングから開始します。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117