勘定あって銭足らず


 

 

 

DSC02049

 

 

 

よく聞く言葉

 

「勘定あって銭足らず」ということばがあります。

このことば、なにをいっているのでしょう。

あなたの会社の事業がすべて、売上も仕入れも

現金取引だけなら、勘定=銭になるのですが、

現金でやり取りしないで、20日や末日で締めて、

1ケ月後に回収するという掛で売ったり、1ケ月後に

何ヶ月先の手形で回収するなどの信用取引があるため、

勘定はあっているのですが、現金がないという銭足らず

になるのです。

 

 

損益=お金の収支ではない

 

通常会社の事業年度は、1年です。

暦が1年単位というのもあるのでしょうが、区切らないと

会社が税金を支払うという行為ができないですね。

会社が商品などを売った場合、現金でも掛売りでも「売上」

が会社の帳簿に計上されます。

掛売りの場合、まだ掛売りが回収されていないのですが、

商品を引き渡したという行為に注目して、回収していないの

ですが「売上」がたってしまいます。

この「売上」がたった日が、あなたの会社の決算日だったと

しましょう。

会社の決算で、損益計算書で利益はあがっている、すなわち

勘定はあっているのですが、まだ、掛売りは回収していないので

キャッシュはありません、これが銭足らずなのです。

 

 

現在の決算月

 

上記のように勘定あって銭足らずは売上が大きくなればなるほど

キャッシュ不足になります。

あなたの会社の決算月、毎年急激に売上があがる月に設定

していませんか?

毎年多額の売上があがる月が決算月になっている場合は、決算月

の変更もかんがえてみましょう。

決算月の変更は、あなたの会社で株主総会などを開き、会社の定款

を変更し、会社でその議事録を残し、税務署に「異動届出書」を提出

すればできます。

 

 

 

—————————————————-

編集後記

昨日 スイミング 1500m

小出さんの誕生日スイムに参加しました。

みなさんは、3500mくらい泳ぐみたいです。

わたしは、途中で抜けました、、、
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)