事前指示書っていいかも

Pocket

HPはこちら

 

IMG_0518

 

中村仁一さんの本

 

最近読んだ医師中村仁一さんの本「大往生したければ医療と

かかわるな(介護編)」のなかでこれから年を重ねていく人に、

事前指示書を書くっていうのはどうでしょうかと書かかれてあり

ました。

 

リアルに考えれば、人という存在は生まれたときから死という

ものにむかっている存在ですが、元気なうちはなかなか考え

ずらいというのが現実でしょう。

 

 

事前指示書

 

この「事前指示書」

なにか事故がおこったときやなにかの拍子で意思表示できなく

なることを想定してどういう医療をうけたいとか、こういう医療は

うけたくないとかを自分で決めておくということです。

つまり、なくなるまでどこでどんなふうに生きたいのか。また

どこまでの医療や介護を望むのか。

さらには死後どのような葬儀をしたいのかなどを書いておければ

よりベターではないでしょうかと問うています。

 

そのときに分け与えるものがあるなら、◯◯には◯◯と特定できる

ものは特定したほうがいいのでしょう。

すなわち事前指示書にあなたの意思表示である「遺書」もいれておく

のはいいかもしれません。

 

きずな

 

絆 「きずな」 っていう文字。

「ほだし」とも読むようです。

情にほだされる の「ほだし」です。

広辞苑には、「足かせ、手かせ」「自由を束縛するもの」

とあります。

 

人は年齢を重ねていくわけですが、まわりの人にとっての

「ほだし」にならないようにしましょうねということを終末期を

むかえた患者さんをみてお書きになっています。

すべてを引用できませんが、身につまされます。

 

「ほだし」にならないためにも事前指示書書けるのであれば

書いておければいいなと思います。

 

同意できるところがおおくあります。。おすすめです。

 

 

—————————————————-

編集後記

一緒に勉強している仲間たちがすごいです。お返しできるか

わかりませんが、気づきとパワーをもらっています。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117