一倉先生の講演ビデオ

Pocket

HPはこちら

 

 

 

DSC_0112

 

 

先週

 

一倉定先生のビデオを先週金曜日に見にいきました。

在りし日の講演中のビデオですが、実名の企業名などを

あげての解説は、裏付けがあるので説得力があります。

特に近鉄の伊勢湾台風による被害での従業員に対する

支援や鉄道事業に損害をうけた線路を狭軌から広軌に

するなどの決断など興味深い教訓が多々ありました。

 

 

以下ビデオのなかで

 

 

社長は

 

経営者の仕事は、事業の遂行にかかる決定である。

その決定を他のものにゆだねてはいけない。

決定するということは、すなわちその決定に対して責任を

とるということであるから、責任をとれないものに決定させては

いけないのは、当然のことなのである。

 

 

なぜ社員ではだめか

 

社員に決定させるという権限委譲はしてはいけない。

もし失敗したらその社員に責任が生じるので、その責任回避の

ためにも無難な選択をするので、社員にまかせてはだめなので

ある。

意見を聞くのはいいが、その意見のなかから決定するのは、

社長なのである。

まかせるという怠慢におちいっていないか?

 

 

経営計画は必要

 

社長が何回も口頭でいうより書き記すという明文化が全社員に

有効である。

そのためにも明文化した経営計画書が必要なんだとこんこんと

せつめいしていた場面は迫力がありました。

 

 

 

—————————————————-

編集後記

けさ ランニング 2.24Km

寒くもなく雨上がりのランニング気持ちよく

はしれました。
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117