あなたの会社のバランスは


 

 

あなたの会社の流動資産・流動負債バランスは

 

会社の決算報告書をみて、貸借対照表に流動資産や流動負債

が記載されています。

 

流動資産は現預金・売掛金・受取手形などをさし、流動負債は

短期間のうちに支払わなければならない買掛金・支払手形・

短期借入金などをいいます。

 

買掛金は1ケ月ぐらいで支払いがまた支払手形も3ケ月内外で

決済する必要がありますが、その支払い原資が貸借対照表で

みると流動資産なのです。

 

現金預金はそのまま決済に使われますし、売掛金はまもなく

集金やふりこみによって現預金に変わるものです。また、

受取手形も現金化するまで時間がかかりますが、おおむね

流動資産は短期的な決済能力をあらわしています。

 

ですから会社がスムーズに代金決済や返済をしていくためには

流動資産が流動負債を上回っていなければならないのです。

図にすればこういう感じです。

 

キャプチャ1

 

 

しかし

 

しかし、反対に下図のように流動負債がおおいと、流動負債を支払う

原資である流動資産が足りないのですから問題です。

この状態は、融資がうけられる決算書ではないのです。

 

財務分析では、流動資産は流動負債の2倍が理想値です。

 

 

キャプチャ2

 

できれば

 

流動負債に記載されている短期借入金で役員から会社が借りている

資金や長期借入金に振替可能である借り入れ資金は長期借入金と

して、固定負債の欄に記載しましょう。

 

また、借り入れするさいは、短期よりも長期で借り入れするようにする

ことによって慌ただしい資金繰りが一段落し営業活動にちからをいれ

ることができます。

 

同時におなじ金融機関から何本も借り入れしている場合は、1本に

まとめて返済負担をかるくすることを考えましょう。

 

 

—————————————————-

編集後記

昨日 ランニング 10Km   スイム1000m

走ってすぐに汗がでるのはなんともいえず

爽快です。大阪は梅雨があけました!
—————————————————-

HPはこちら
The following two tabs change content below.

kiyo117

最新記事 by kiyo117 (全て見る)